September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

海女の戦慄




監督:志村敏夫/CS/★3(50点)本家

ストーリーが一番戦慄だ
東宝と袂を分かった後に不採算が続いた文芸路線・新東宝が、大蔵貢を社長に迎えて押し進めた「エロ・グロ路線」の一作(後の大蔵映画の基本路線でもある)。

(以下あらすじ)
戦後初のグラマー女優とも言われ新東宝の稼ぎ頭となった【前田通子】演じる海女・ヨシ。
彼女の妹と海女仲間の二人が雑誌取材のために上京するがそのまま行方不明に。
後日、一人の死体が海で発見され、妹は消息を絶ったまま。
一方、街には「社長」と呼ばれる男や「名無しの風来坊」と名乗るニヤケ男が現れて・・・というエロティック・サスペンス。

大蔵貢に業界から干される前田通子、おそらく最後の作品。

(以下超ネタバレなので、未見の方は読まないでください。むしろ読んだ方が観たくなるかもしれないけど。)

あのね、いきなり犯人の動機という超ネタバレ書くけど、海底に沈んだ財宝を獲るために海女を誘拐してた、という驚愕の展開。うわぁ。

comments

   

trackback

pagetop