June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ハート・ロッカー


監督:キャスリン・ビグロー/ユナイテッドシネマとしまえん/★4(89点)本家公式サイト

人の行動は大きく分けて2パターンだというのを読んだことがある。マイナスをゼロにする行動とゼロをプラスにする行動。
マイナスをゼロにする行動とは、危険や嫌なことを回避する行動。ゼロをプラスにする行動とは、快楽を求める行動。

例えば、部屋を掃除するとしましょう。
汚れているのが嫌だから、あるいは散らかっていると叱られるから掃除する。これが嫌なことや危険を回避する行動。
掃除自体が楽しい。これが快楽を求める行動。
例えば仕事。働かないと食えないから働く。仕事が好きだから働く。

そして、快楽を求める行動はある意味ビョーキなのです。だって仕事が好きなんてビョーキじゃん。
本作はその2パターンの行動を的確に表現した映画だと思うのです。

実は大変オーソドックスな話運びで、仲間が死んだ→後任は破天荒な奴→いがみ合い→分かり合う、という王道。
この王道っぷりに隙がなさすぎて、映画に愛しさを感じられなかったので4点にしたけど、いやはや堂に入った映画ですよ。

中でもお気に入りは砂漠のシーン。
緩急の付け方、動と静の対比、そして臨場感。ライフルスコープ目線は多々見てるけど、距離感のあるスコープ映像の臨場感がたまらない。
俺も一緒に喉が乾いたよ。

日本公開2010年3月6日(2009年 米)

comments

   

trackback

pagetop