June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ソルト


監督:フィリップ・ノイス/ユナイテッドシネマとしまえん/★4(70点)本家公式サイト

これ楽しい。楽しいよ、これ。
アンジーはさして好きな女優ではないのであまり観ていないのだが、私の知る限り“自傷女優”なんだと思う。
好き好んでなのかどうか知らないが、肉体的にも精神的にも自らを傷付けて演じる役が多い気がする。
“肉体派”というよりシックリくる。

彼女は“強い女性”を演じることが多いが、その本質は「追い込まれ型ヒロイン」にあるのかもしれない。
つまり、優雅さをまとった強さではなく、追い込まれてボロボロに傷付いて発揮する強さ、そうした強さを演じるアンジーに魅力があるんじゃないだろうか。
だから彼女は、時に醜悪な表情を見せてでも感情をあらわにする。

この映画でとても感心したのはアンジーの目。常に次の行動を探している目。この目一つでクレバーな女性を表現していると思う。

余談1

当初はトム兄主演予定だったそうだから、「M:I:IV」だったんでしょ。あ、『ワルキューレ』が「M:I:IV」だから「M:I:V」か。

余談2

パンティーでカメラをふさぐのは無理があると思う。なぜなら、アンジーはTバックを履いてそうだから。

日本公開2010年7月31日(2010年 コロンビア・ピクチャーズ)

comments

   

trackback

pagetop