October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アンチクライスト

アンチクライスト監督:ラース・フォン・トリアー/新宿武蔵野館/
★3(52点)本家公式サイト

期待したほど衝撃的でもないし、期待したほど「嫌な物」を見せてはくれなかった。ラース・フォン・トリアーはいつからこんなヌルくなった?一番の衝撃はこの映画を捧げた相手。それで全て納得。
衝撃の「誰ソレに捧ぐ」はある意味ネタバレなので書きませんが、それで全て納得しました。
ふむふむ、アノ人みたいなのやりたかったのねぇ。

ラース・フォン・トリアーの作品が「刺激的」「挑戦的」と言われる理由は、「反キリスト教」、正に『アンチクライスト』精神溢れるから、という点もあると思います。
しかし作品から推測する限り、この人は必ずしもキューブリックのような無神論者ではない気がするのです。
トリアーが明確に撃つのは宗教(あるいは宗教団体に代表される妄信的な信者)であって、神(というか人智を超えた何か)の存在は認めているんじゃないだろうか。
そういった意味ではタルコフスキーに近いとは思う。

何かトリアーの描く人間は、“自ら生きている”というよりも“何者かに生かされている”と表現する方がシックリくる。

ま、この映画はヌルいけどな。
あの樹の根元の穴の中に、人智を超えた何かがあるかと期待したのに。
もっとこう、夫婦間の精神的な痛みを期待したのに。

日本公開2月26日公開(2009年 デンマーク=ドイツ=フランス=スウェーデン=イタリア=ポーランド)

comments

   

trackback

pagetop