October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

チーム・バチスタの栄光

監督:中村義洋/BS/★3(60点)本家

公開当時の予告編でどういう方向性の映画かまったく分からずに敬遠していたが、実際に観てみたら本当に方向性の分からない映画だった。

映画としては面白いんですよ。ただ、取り扱うテーマの重さと表現の軽さが吊り合わない。それが映画の方向性の混迷につながっている。あと、話が面白くない(<ミモフタモナイ)。ちなみに原作未読。たぶん、重厚な作品として原作をじっくり読んだら面白いんだと思う。目が見えないだの頭がオカシイだのって医者に命を預けている可能性があると考えるだけでも恐ろしい。ま、映画じゃそれは上手く表現できてないけどね。

私は中村義洋贔屓なので弁明しますけどね、これは当然「頼まれ仕事」なのですよ。
本作では脚本は書かせてもらえてないし、TBS側の人間がエグゼクティブプロデューサーとして君臨している。
もっとも、『アヒルと鴨のコインロッカー』に続く本作のおかげでやっとメジャー監督の仲間入りをするんで、それほど信頼されてなかったのかもしれませんけどね。

このエグゼクティブプロデューサー、あー長くて面倒くさい、要するに製作総指揮=間瀬泰宏という人は『嫌われ松子の一生』で大成功を収めてる人で、あくまで推測ですけど、軽重両面併せ持った映画を再び!と考えても不思議ではない。
そして持ってきた脚本家が蒔田光治。『TRICK』の人だ。
阿部寛を擁し、サエない学者から厚労省の役人にした。主役も原作の男性から年頃の女性、要するに仲間由紀恵を竹内結子に置き換えた。基本設定は丸っと『TRICK』なのだ。

ただ、「医療物」というのは「超常現象」とはワケが違う。
我々は今までの経験から、「医療物は重い」と身に染み付いている。そこにコメディ要素を持ち込まれると、混乱するのだ。それは比率の問題なのかバランスの問題なのか、はたまた根本的な問題なのか分かりませんけどね。おそらくこの映画の方向性の混迷は、最初の選択にあったんだと思うんです。

(2008年 TBS=東宝)

comments

   

trackback

pagetop