August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

江分利満氏の優雅な生活

監督:岡本喜八/CS録画/★5(95点)gooDB

日本映画史上最高の一大叙事詩!
私は以前から「近代史映画」というジャンルがあることを説いてきた。
中国の『さらば、わが愛−覇王別姫』、ドイツ『ブリキの太鼓』、アメリカ『フォレスト・ガンプ』がそれだ。
だが日本にはそういった映画が無い。私は常々そう言っていた。

悲しいかな、単に私の無知を晒していただけだった。

恐るべし岡本喜八。これは正に激動の昭和史を凝縮した映画だったのだ。

まるで『アメリ』のごとく縦横無尽に展開されるストーリーの中で、自分の、そして父親の人生が語られる。それは一「市民」の視点から見た我が国の近代史。戦争に対する岡本喜八の恨み節。

「この平和がどれだけの犠牲の下に成り立っていることか」

踊るヒップラインを観ながら、俺は泣いた。

(1963年日)


comments

   

trackback

pagetop